火災保険について
なぜ保険が必要か?

マンションやアパート等は「共同住宅」と呼ばれる様に他人同士いろいろな人が住んでいます。この関係の中で相互に被害を受けた場合に備えるために保険加入が必要なのです。

 
     保険に入っていないと、こんな大変な事態に!

【ケース1】 自分の部屋でうっかり火災を起こしてしまった!

お部屋の契約上、大家さんに対して原状回復義務があります。よって数十万から数百万、場合によっては1千万円を超える損害を賠償しなければなりません。万一、借主が支払えなければ連帯保証人にも莫大な損害を与えることになります。

 

【ケース2】 隣の部屋で火災が発生!自分の部屋まで全焼してしまった!

 他のお部屋(建物)で発生した火災により一方的に損害を被った時でも、法律(失火法)により原則として相手方に損害賠償の請求は一切出来ません(一部に例外あり)。例え家財が全て燃えてしまい、今日からの住む場所を失っても、全て自己責任になり誰に対しても賠償を求めることが出来ません。

 

保険に加入していれば、上記のケース1では「入居者賠償責任保障」が、またケース2では「家財保障」が適用されます。詳しい保険の内容等については当社までお問い合わせ下さい。

 

加入して頂く保険の内容は大きく分けて次の4つになります。

     自分の家財損害(火災等の一定の事象を原因とするもの)に対する保障(家財保障)

     大家さんへ損害を与えてしまった時の保障(入居者賠償責任保障)

     他人に損害を与えてしまった時の保障(個人賠償責任保障)

     お部屋の契約上、入居者に修繕義務がある時の保障(修理費用保障)



保険料について

   保険料はお部屋の専有面積によって設定します。17,000円から最大で32,000円(各2年間)となります。

    ※基本的にはお部屋が広いほど保険料が増えることになります。
       

☆当社では東京海上グループの東京海上ミレア少額短期保険の「お部屋の保険ワイド(少額短期保険)」を取り扱っております。